中古の洋書は需要がある?

洋書は主に英語やフランス語、ドイツ語といったヨーロッパの言語で書かれた書物のことを指しますが、アジアやアフリカの言葉で書かれた物を洋書として扱うこともあります。

日本国内でも洋書は定期的に出版され、ジャンルは小説、絵本から専門書まで様々です。

ハリー・ポッターシリーズなど日本でも人気の高い作品は、一般の書店などでも購入できることが多いです。

「翻訳を通さずに原文のまま作品を楽しみたい」「英語の勉強に使いたい」などの理由から、洋書に触れる人も多く、洋書は中古市場で一定数の需要がある商品でもあります。

不要な洋書は買取で換金するのがおすすめ

「日本で洋書を古本に出しても売れないだろう・・・」と考え、ゴミとして処分してしまう人もいますが、洋書を入手したいと考えた時に、新品を買わずに中古で購入を検討する人も多いので、中古の洋書は古本として売ることが可能です。

また、海外で出版された専門書なども同様に需要は高く、分野や内容によっては高価買取が期待できることも十分にあります。

いらなくなった洋書の処分方法を検討している方は、せっかくならお金に換えて新たな本を購入する資金に充ててみてはいかがでしょうか。

ブックオフなどの古本屋に持ち込んでも、無料で引き取られてしまったり、数円の価格しかつかないことが多いですが、利用する店舗をしっかり選べば予想以上の価格で買い取って貰えることもあります。

おすすめの店舗や、洋書を売る時のポイントについて紹介しているので是非参考にしてみてください。

洋書を買取に出す時にチェックしたいポイント

本は綺麗な状態にしておく

洋書に限らず言えることですが、本は状態が綺麗なほど査定額がアップします。

一方で、本の破れ、シミ、虫食いなどは減額の対象になってしまいます。

湿気によるヨレがあったり、日焼けで黄ばんでしまった本も見栄えが悪くなり、マイナスポイントとなるので注意しましょう。

また、本に書き込みがあったりラインが引いてある物も、査定額が下がってしまう可能性があります。

本の見た目は査定で一番最初にチェックされるポイントなので、日頃から本は丁寧に扱うように心がけましょう。

状態が良くない本や書き込みがある本でも買取に出せないわけではないので、一度査定に出して買取価格をチェックすることをおすすめします。

特に洋書のペーパーバック(ソフトカバー)はハードカバータイプより劣化しやすいので、不要な物なら早めに査定に出すようにしましょう。

高価買取が期待できる洋書の特徴

映画・ドラマなどの原作となっている書籍は、メディア作品を見てファンになった人たちが原作の購入を考えるので需要が高まりやすいです。

「The Hobbit(ホビット 思いがけない冒険)」、「A Second Wind(最強の2人)」、「Twilight(Twilight Saga)(トワイライト-初恋-)」、「The Da Vinci Code(ダ・ヴィンチ・コード)」などの有名作品は、映画をきっかけに原作を洋書で読む人が多いです。

同様に、日本国内でも非常に有名な、ハリー・ポッターシリーズや、ファンタスティック・ビーストの原作なども、中古市場での需要は高いです。

また、まだ翻訳されていない専門書や技術書なども高値で取引されることが多いです。

専門書・技術書はペーパーバックの小説などと比べて元の定価も高いので、買取価格も高くなる傾向があります。

医療、サイエンス、建築、美術など、分野問わずに専門書が高価買取されることは多いので、一度査定に出してみると良いでしょう。

いらない洋書はすぐに売る

自分の売りたい洋書が小説、絵本、ビジネス本、自己啓発本などの場合は、不要と分かったらすぐに査定に出すことをおすすめします。

基本的に、本は発売されてから日が浅い物ほど高額査定になりやすく、店舗によっては「発売日から1年以内なら定価の10~30%以上を保証」など、発売からの期間に合わせて買取価格を保証している所もあります。

新刊は読みたいと思っている人も多く、発売から3ヶ月以内の間は特に需要が上がりやすい傾向にあります。

新刊を購入せずに古本市場に出回るのを待っている人も多いので、中古での買取価格も通常時よりも上がりやすいです。

また、読み終えた本を直ぐに買取に出せば、劣化していない状態で査定を受けることができるので、査定額のアップにも繋がります。

洋書のオススメ買取方法

洋書は一定数の需要はありますが、国内で販売されている漫画や文庫に比べると、誰にとっても需要があるわけではありません。

そのため、古本屋などに持ち込んでも値段がつかずに無料での引き取りになってしまったり、数円の価格で買い取られてしまう可能性が高いです。

しっかり値段をつけて買い取って貰う為にも、洋書にあった買取方法を利用することをおすすめします。

現在注目を集めている本の宅配買取サービスでは、洋書を売ることも可能で、買取価格に期待が持てる他、非常に利便性が高いのが魅力的です。

宅配買取を利用すれば、ダンボール箱にいらない洋書を詰めて集荷に出すだけで本を売ることが可能です。

自分の都合の良い日に自宅まで集荷に来てくれるので、忙しい方や近くに買取店がない人にもおすすめです。

洋書の宅配買取は古本屋より高く売れる?

古本屋に持ち込んだ方が、その日の内に買取価格も分かるし便利なのでは?と考える方もいると思いますが、買取価格はほとんど期待できないのが現状です。

実店舗を構える古本屋は人件費や経営費がかかるので、本をできるだけ安く買い取り高値で売って利益を出す必要があります。

一方で、ネットのみを窓口としている宅配買取店は、実店舗よりも経費が節約できるので、浮いたコストは本の買取価格に還元してくれます。

また、全国に販売経路を持っているネットの買取店なら、需要が少ないことを理由に洋書を買い叩いたり、買取拒否することが無いのもポイントです。

洋書を送る際の送料や査定料も無料な他、店舗によっては梱包に使うダンボール箱も無料で提供してくれるので、余計な費用や手間をかけずに本を換金できます。

査定額に満足がいかずにキャンセルをしても、返送料も無料なので、初めて宅配買取を利用する方でも安心して使えます。

洋書が売れるオススメ店舗3選!

新刊や技術書・専門書を売るなら『Vaboo(バブー)』

Vaboo

買取価格 入金 査定条件 集荷・送料
成約後翌営業日 漫画セット・本・DVD・ゲーム5点から 最短当日
5点以上で送料無料

バブーは本・漫画・ゲームなどを中心に取り扱っている宅配買取サービスで、発売されてから日の浅い新刊や、人気の高い作品に高値がつくことで評判です。

また、専門書や技術書などの買取にも力を入れているので、海外で出版された専門書を売りたい方にもおすすめです。

発売から3ヶ月以内のものは定価の30%以上、半年以内なら20%以上、1年以内の物なら10%以上の買取価格が保証されるため、新しい物程買取価格に期待が持てます。

ただし、ISBN(バーコードの上に書いてある数字)が付いていない洋書は買取できないので注意しましょう。

バブーは5点以上送れば送料無料なうえにキャンセル時の返送料も無料なので、宅配買取初心者の方にも利用しやすいおすすめのサービスです。

Vabooの詳細を見る

書き込みのある本でも売れる『バリューブックス』

買取価格 入金 査定条件 集荷・送料
査定後最短2日以内 1点から 最短当日
送料500円/1箱・返送料無料

バリューブックスは小説・漫画・絵本・文学・専門書など幅広いジャンルの書籍を取り扱う宅配買取サービスです。

現在の中古市場の相場・流通量・需要などを踏まえて査定をしてくれるので、人気の高い物ほど高額査定が狙えます。

以前のように買取価格の保証は行っていませんが、送料が500円になった代わりに査定額は以前の1.5倍の価格になっています。

書き込みのある本でも買取可能なので、専門書や技術書などに直接書き込みやメモをしていた方にはピッタリです。

送料は1箱500円かかりますが、キャンセル料は無料となっているので、高額査定を見込めそうな洋書があったら試しに査定に出してみるのも良いでしょう。

バリューブックスの詳細を見る

事前に買取価格を検索できる『ブックサプライ』

買取価格 入金 査定条件 集荷・送料
査定後最短4日以内 1点から
10点以上or査定額2,000円以上で送料・返送料無料
最短翌日
送料無料

ブックサプライは、本・CD・DVD・ゲームなどを取り扱っている宅配買取サービスです。

査定時の市場価格で査定されるので、話題の書籍などは高価買取が期待できます。

また、ブックサプライでは、HP内にある検索機能に、本に書いてあるバーコードの数字を入力することで事前に買取価格を確認することが可能です。

査定に出す前に、どのくらいの価格で買取されているのか確認したいという方は利用してみましょう。

10点以上、もしくは査定額2,000円以上で送料が無料になる他、梱包に使うダンボール箱も10箱まで無料で提供してくれます。

キャンセル時も、ダンボール2箱分までなら返送料を負担してくれるので安心です。

ブックサプライの詳細を見る