教科書や参考書は中古で売れる!

漫画や小説とは異なり、教科書・参考書は買取に出すことはできないと思っている方もいるかと思います。

しかし、使い終えた参考書などでも状態さえ良ければ値段をつけて買い取って貰うことが可能です。

受験が終わると、教科書や参考書、赤本などの勉強道具はもう必要ないと感じる人がほとんどでしょう。

どうせゴミとして処分してしまうなら、買取サービスを利用して現金化することをおすすめします。

教科書・参考書・赤本で高く売れるのはどれ?

店舗によっては教科書も売ることが可能ですが、学校によって使用する教科書が異なる他、改訂などがあると需要は低くなってしまうので、価格はあまり期待できません。

一方で、一般の書店で販売されている参考書や赤本は中古で買い求める人も多いので需要が高いです。

特に赤本は、その年に出版された物以外にも手をつける受験生は多く、古い物でも重宝される傾向にあります。

そのため、よほど状態が酷くなければ少し前の年度の赤本でも売ることが可能です。

参考書も内容や出題範囲に大きな改訂がない限り、利用することができるので中古でも需要があります。

不要な参考書・赤本・問題集などがある方はまとめて買取に出すと良いでしょう。

参考書等を買取に出す時のポイント

買取できない商品はある?

人によっては勉強の際に、テキストや赤本に直接書き込んでいた人も多いかと思います。

査定基準は店舗によって異なりますが、書き込みの多い物だと買取拒否をされてしまったり、減額査定の対象となってしまいます。

書き込みがあると、次に利用をする人が使いにくくなってしまうのが減額の主な理由です。

また、破れや汚れ、濡れた後があったり、紙の劣化が目立つ物も買取拒否されてしまう可能性が大きいです。

購入したけどあまり使わなかったテキストや、書き込まずに利用していた赤本など、状態が良い物の方が高額査定が期待できます。

ただし、既に絶版になっている赤本は希少性が高く、多少の書き込みがあっても高値で売れることがあるので、処分せずに一度査定に出してみると良いでしょう。

高く売れるのはどんなもの?

基本的にテキストや赤本は、状態が良い物ほど査定額が高くなるので、なるべく綺麗な状態のまま買取に出すようにしましょう。

また、紙は劣化が進みやすいので、不要になったらすぐに買取に出すのもコツの1つです。

状態が良ければ数年前のテキストでも売ることはできますが、年度が新しい物程高値で売れる傾向があります。

出題傾向は年々と変化していくので、あまりにも昔の参考書や赤本だとあまり参考にならない可能性も出て来ます。

そのため、古いテキストよりは、近い年度の物の方が需要は高くなりがちです。

しかし、数年前の参考書・赤本だからといって売れないわけではないので、綺麗な物なら査定に出してみることをおすすめします。

塾などで使っていたテキストは売れる?

一般の書店では販売されていないような、塾や予備校で使っていたテキストでも買取に出すことができます。

東進、Z会、駿台、河合塾、代ゼミといった大手予備校のテキストはもちろん、SEG、大数ゼミ、グノーブルなどの教材でも売ることは可能です。

また、店舗によってはZ会・ベネッセなどの通信教育のテキストや、紙の教材に限らずCD・DVDの教材を買取してくれる所もあります。

ただし、解答や解説書が欠けているものは減額・もしくは買取拒否されてしまうこともあるので注意が必要です。

付属品が揃った状態の物は高価買取が期待できるので、解答はもちろん、テキストに付属しているCDやDVD、テキスト専用ノート等も必ず同梱するようにしましょう。

参考書や赤本を売る時のお店選びのコツ

参考書や赤本、問題集などの教材はどこの店舗でも買取してくれるわけではありません。

ブックオフなどの実店舗でも売ることは可能ですが、ほとんどの場合は無料同然で引き取られてしまいます。

「どうせなら高く買い取って貰いたい!」と考える方は、普通の古本屋に持ち込まずに、教材の買取に力を入れている店舗を利用するのをおすすめします。

教材を専門に扱っているお店なんて地元には無い、という方もいると思いますが、ネットの宅配買取サービスを利用すれば手軽にかつ通常より高値で教材を売ることができます。

教材をどうやって売るかを考えている方は、宅配買取の利用も検討してみましょう。

宅配買取はどんなサービス?

宅配買取は、売りたい物をダンボール箱に詰めて集荷に出すだけで査定を受けられる買取サービスです。

買取店にわざわざ持ち込む必要もなく、指定した日時に集荷に来て貰えるので忙しい方にもおすすめです。

「5点以上で送料無料」など、決められた点数以上を送れば送料が無料になる他、発送に使うダンボール箱も無料で提供してくれるので余計な費用はかかりません。

更に、宅配買取はブックオフなどの実店舗と異なり運営費・人件費が節約でき、浮いたコストは買取価格に上乗せしてくれます。

そのため古本屋に持ち込むよりも高値で買取してくれることが多いのもポイントです。

万が一、買取価格に不満があった際はキャンセルして無料で返送して貰えるので、初めて利用する方でも安心してサービスを利用できます。

参考書などの教材を売るのにオススメな店舗3つ!

事前に買取価格がチェックできる『ブックサプライ』

買取価格 入金 査定条件 集荷・送料
査定後最短4日以内 1点から
10点以上or査定額2,000円以上で送料・返送料無料
最短翌日
送料無料

ブックサプライは、本・CD・DVD・ゲームなどを取り扱う宅配買取サービスです。

参考書や赤本、問題集といった教材の買取も行っています。

リアルタイム査定による、その時の市場の価格で買取をしてくれるので、人気の高い教材や新しい年度の物は特に高価買取が期待できます。

10点以上で送料が無料になるので、売りたい教材が10点未満の方は他の不要な小説や漫画と一緒に査定に出すのも良いでしょう。

また、公式HPでは『リアルタイムお試し査定』の利用ができ、商品に記載されているバーコードの数字を入力することで、事前に買取価格を調べることが可能です。

送料無料に加えて、10箱まで無料でダンボールを提供してくれるので、余計な費用をかけずに査定に出せるのもポイントです。

更に、キャンセル時の返送料も2箱までなら無料で送ってくれるので安心して利用できます。

ブックサプライの詳細を見る

書き込みのある教材でも売れる『バリューブックス』

買取価格 入金 査定条件 集荷・送料
査定後最短2日以内 1点から 最短当日
送料500円/1箱・返送料無料

バリューブックスは、漫画本や小説、ビジネス書、歴史書など幅広い種類の書籍を取り扱っている宅配買取サービスで、参考書や赤本といった教材でも買取可能です。

中古市場での相場・流通量・需要を踏まえて査定をして貰えるので、不条理に安値で買い叩かれる心配もありません。

以前は、発売から1年以内なら定価の10%以上で買取、のように価格の保証もしていましたが、現在は価格保証は行っていないので利用の際は注意してください。

ただし、査定額が旧基準の1.5倍になったため、高額査定を狙える商品ならお得に売れる可能性が高いです。

発売から日の浅い参考書や、年内に購入したテキストなどがある方にはおすすめです。

また、書き込みのある商品でも査定に出すことが可能なので、自分では売れないように思える教材でも一度査定に出してみると良いでしょう。

送料は1箱500円になりますが、キャンセル料・返送料は無料なので査定額に納得がいかなかった際は無料で商品を返品して貰えます。

バリューブックスの詳細を見る

幅広い教材を扱う『学参プラザ』

買取価格 入金 査定条件 集荷・送料
査定後最短3日以内 1点から
20点以上で送料無料
最短当日
送料無料
返送料自己負担

学参プラザは、年間300万冊以上の買取実績を持つ、教材の宅配買取サービスです。

特に赤本の買取に力を入れており、今年度・前年度の全大学の赤本を400円以上、医学部なら800円以上での買取を保証しています。

また、赤本以外にも大学受験の参考書なら初版から3ヶ月以内の物は定価の30%以上、半年以内なら20%以上、1年以内なら15%以上の買取価格を保証しているので、新しい教材の場合は十分に高価買取が期待できます。

塾・予備校のテキストに加えて、指定校の難関中学・高校の教科書、ノート、プリントなどの買取も行っているので、自分の持っている教材の学校が対象に含まれているかチェックしてみると良いでしょう。

記名や押印、書き込みがあっても買取してくれるので、不要な教材は積極的に査定に出すことをおすすめします。

20冊以上で送料は無料ですが、キャンセル時の返送料は自己負担となっているので注意してください。

学参プラザの詳細を見る